資産運用は不動産で収益物件を購入する方法を選ぶと身近になる

MENU

  • 業者の選択

    収益物件を購入する場合は、基本的には専門の不動産会社を経由して物件を購入する必要があります。そこで考えたいのは、不動産会社を頼れるかどうか、という点です。物件の選択肢や対応の善し悪しなど、判断基準がたくさんあります。

  • 考え方と戦略

    収益物件からお金を得ようと思った時には、そのための考え方と戦略を立てることがとても大切です。そして、そのために欠かせないのが、立地条件について目を光らせることです。

  • 重要なポイント

    収益物件を購入しようと考えた時に必ず行われる物件選びにおいては、重要なポイントをしっかりと押さえることが絶対に欠かせません。そのためには、物件の選び方について深く学ぶ必要があります。

挑戦しやすい投資

ただ働いても仕方ない

現代人にとって、収入を増やすことが出来る方法をいかにして獲得するかは非常に重要な問題です。
もちろん、副業をアルバイトという形で行うことも悪いことではありません。
ですが、その場合考えられる問題として、本業に集中するために必要な時間をアルバイトに回す必要があることや、アルバイトで蓄積した疲労によって本業に影響が出る、などの失敗が懸念されます。
そういった問題を回避するために本業に徹底的に専念したとして考えられるのは、がんばりに対してお給料は上がってくれない、という問題です。
現在では企業の体力もかなり苦しい状態にあることが少なくないため、簡単に収入が上がると期待することは難しいです。
また、収入が上がったとしてもそこまで大きくないことも問題です。
収入を満足行くレベルで増やそうと思ったら、結局のところは自分でどうにかするしかないという結論に達します。
そのためには、ただ働いていても仕方ないということに目を向けて、投資に挑戦するほうが良いことに気づくことが大切です。
ある程度資産形成ができてきたなら、資産運用として投資に挑戦することが大切です。

家賃収入の獲得

不動産投資の手法として特徴的なのは、家賃収入の獲得ができるということ、そして、不動産は所有しているだけで資産価値が大きいということ、にあります。
株や外貨投資とは違って現物資産としての色が強いだけに、不動産は資産運用の形として大きな有用性を持ちます。
また、株や外貨投資は売却益を前提とした収益構造になっているのに対して、不動産を利用して収益物件から収入を得る場合は、家賃収入を活用する収益構造になっています。
これらの点から見て、株や外貨投資などの他の手法よりも安定して収入を獲得することができる点に、不動産投資が持つ強みを見出すことができます。

  • 満室経営のために

    収益物件を手に入れたら次に行うべきことは、入居者を獲得することです。入居者がいなければ収益を得られないため、満室経営のためにできることはとことん努力する必要があります。