資産運用は不動産で収益物件を購入する方法を選ぶと身近になる

MENU

業者の選択

収益物件は、不動産投資の代表的なものです。

収益物件とは、主に賃貸用の建物を指しますが、広い意味では借地や月極駐車場などを含むこともあります。
収益物件は、借りる側からすると、賃貸物件ということになり、分譲物件との違いがあります。
一般的には、分譲物件の方は、自分たちで居住する為に建てられる建物なので、居住性などが優っていることが多いと言えます。
逆に言えば、築年数が経った戸建物件などは賃貸に出されることも多く、それなりの需要がある地域もあります。
不動産から収益を得るという意味では、不動産投資信託なども収益物件との類似性がある投資商品の一つですし、不動産を対象としたETFなども収益物件との類似性があると言えます。
限られた資産でリスクを分散したい場合には投資信託なども良いですし、将来建て替えなどをして自己居住用に利用したい場合などには収益物件も良い選択です。

投資用の不動産の価格は、デフレの時や人口が減少する地域では低くなる傾向があります。

収益物件から得る利益は、賃料収入から、その物件を購入するのにかかった価格と、ローンを使用した場合にはその金利負担、メンテナンスにかかる費用や固定資産税などのコストを差し引いたものになります。
収益物件の金額や価格は、デフレの時には低くなりがちですが、それがデフレによる一時的なものなのか、人口減少によるものなのかは慎重に判断する必要があります。
一般的には、他の業界の景気の波と最もずれることが多いのが不動産業界の景気なので、収益物件の購入は時期を考えることも必要になります。
それでも、不動産は通常、インフレに強い資産の一つなので、分散して運用するだけの資産を保有している場合には、収益物件もポートフォリオに含めるのも良い選択です。