資産運用は不動産で収益物件を購入する方法を選ぶと身近になる

MENU

考え方と戦略

オフィスとして提供

不動産投資の代表である収益物件ですが、貸したいと考える方を絞ってから物件を購入した方が成功する確率が高くなります。
なぜなら、借りたいと考えている利用者側は同じような物件を求めているので、物件の借り手が滞ってしまう可能性は少なくなるのです。
例えばオフィスとして提供したい不動産として適切な物はオフィス街にあり、主要な駅から近いなどの条件を満たしている事が優良物件の条件です。
そのため、オフィスとして物件を提供する場合の条件はしっかりと条件を満たした物を提供しましょう。

学校付近

小学校から大学まで、学校の周辺は収益物件としてかなり人気のあるエリアとして知られています。
例えば、小学校にお子さんを通わせる親御さんとしては、お子さんを安全に通わせるために、通学時間を短縮したいと考える方も多いので、学校周辺のマンションやアパートは人気があるのです。
他にも、一人暮らしを行なう大学生は登校する時間の短縮の他にも大学に残り遅くまで作業を行なうことも少なくないので、学校周辺にアパートやマンションを借りる事が多いという特徴があります。
そのため、学校付近に収益物件を購入すれば安定した収入を得ることが出来ます。
それ以外にも、学校周辺には風俗店などの教育によくないような施設である嫌悪施設を建てる事ができないので、収益物件を購入する際には嫌悪施設の心配はあまりしなくても良いでしょう。
ただ、他の問題も立地条件に問題がある場合もあるので、直接物件や物件周辺を確認しておく必要があります。